トイレ詰まりを自分で直す方法と直せない時の方法

トイレ詰りはラバーカップで直せる

トイレを詰まらせた経験のある人は多いのではないでしょうか。トイレが詰まる原因は経年劣化よりもキャパを超えてトイレットペーパーや異物を流してしまったからですね。古いトイレだから必ずしも詰まってしまうというわけではありません。トイレ詰まりの原因はトイレットペーパーの流し過ぎなどが多いのです。ただ、トイレのつまりはたいていはラバーカップを利用すれば直すことが出来ます。また、トイレットペーパーの芯などもつまりの原因となりますが、ラバーカップで直すことは可能です。


ラバーカップを使っても直すことが出来ないもの

ラバーカップを使えばおおよそのトイレ詰りを直すことが可能になりますね。ですが、ラバーカップを使ったとしても直すことが出来ない場合があります。それは紙以外の物が詰まっている場合です。例えば、子どもが遊んでいてトイレにミニカーを落としてしまい、それを流してしまった場合には、ラバーカップを使ったとしてもどうにもならないことが多いのです。あまり何度も水を流していても便器から水があふれてしまう危険性もあります。


どうしても直らない時は業者に頼む

素人が頑張って額に汗をかいて直そうとしても技術的な面で直すことが出来ない時もあります。この時には素直にトイレの修理業者を呼ぶことが大事になりますね。トイレの修理業者は割と迅速に駆けつけてきてくれます。修理もよほど大がかりな物でない限り1時間もあれば終わることがほとんどではないでしょうか。気になる修理代は基本料金が5000円ぐらいで、あとはそれに修理の難易度や部品を交換する場合は部品代もかかりますが2万円を超えることはあまりないでしょう。



トイレ詰まりが発生したとしても、水のトラブルを解決する業者は24時間の対応を行っていますから安心です。